格安航空会社(LCC)のカテゴリ記事一覧


カテゴリ:格安航空会社(LCC)

格安航空会社(LCC)のカテゴリ記事一覧。マイルを貯めるための情報やキャンペーン、飛行機に関する面白ネタなどを紹介しています。

2017-07-19格安航空会社(LCC)
この夏休みの旅行で、JTBの格安ツアーに申し込みました。私は、この情報を知る前だったので、シンガポールのLCC(格安航空会社)スクートを避けて、プラス17,000円を払い羽田空港発着の、チャイナエアラインかエバー空港のプランに申し込んでしまいました。ところが、 スクートはシンガポール航空傘下で、世界初の全使用機材が787ドリームライナーだったのです。日本の航空会社、ANAやJALも最新鋭の787ドリームライナーを運行してい...

記事を読む

2017-07-11格安航空会社(LCC)
春秋航空は、就航12周年セールを開催、国際線が片道999円~!春秋航空は、就航12周年を記念して、国際線が片道999円~のセールを開催しています。春秋航空は中国のLCC(格安航空会社)で、2004年5月26日に設立、今年で就航12周年を迎えました。春秋航空日本は、この「春秋航空」などが出資し、2012年9月7日に設立。ややこしい話ですが、航空法の外資規制があるため、春秋航空の出資は33%までにとどめられているので、春秋航空日本は...

記事を読む

2017-07-06格安航空会社(LCC)
香港のLCC(格安航空会社)香港エクスプレスは、2017年7月7日(金)までの期間限定で、日本9路線からの香港線を対象に、「MEGA SALE」を開催しています。対象路線の詳細は、石垣島、東京(羽田・成田)、関西、福岡、名古屋、広島、鹿児島、高松発着の香港線です。気になる運賃は、いずれの路線も片道480円からと超格安。搭乗期間は2017年8月28日(月)~2018年6月30日(土)まで。上記運賃は片道運賃で、別途税金の支払いが必要です。販売...

記事を読む

2017-07-05格安航空会社(LCC)
タイガーエア台湾は、日本発着~台北・高雄行線で期間限定のセールを開催しています。セール期間は、2017年7月6日(木)23時59分まで、対象搭乗期間は、2017年8月20日(日)~10月28日(土)までです。気になる運賃は、最安値片道4,777円なのは那覇発着~台北、高雄線。成田・羽田・関西・福岡、名古屋・岡山発着~台北線が5,277円。仙台~台北線が5,577円。函館~台北線が6,177円。JTBの格安台北ツアーで利用されているLCC(格安航空会...

記事を読む

2017-07-02格安航空会社(LCC)
航空券が格安で購入できると評判の、Surprice!(サプライス)に台北往復が驚きの価格、東京発着15,800円~とでていたので詳細を調べてみました。今年の夏休み、8月15日出発~8月18日帰国便の価格です。最安値だったのは、ジェットスター ジャパンで、1名34,900円なのですが、(行き夜~帰早朝)とんでもない時間の便でした。東京(成田)21:20出発~台北(桃園)23:55到着、帰りの便も台北(桃園)01:40出発~03時間30分(成田)到着...

記事を読む

2017-07-01格安航空会社(LCC)
チェジュ航空は、日本~韓国線が最大98%OFF、片道500円~の「2017 SUPER SALE」を開催します。この「2017 SUPER SALE」は、今年2回目の開催で、販売期間は2017年7月3日PM5:00から7月14日PM5:00までとなっています。対象路線は、東京(成田)~ソウル(仁川)・釜山線、大阪(関西)~ソウル(仁川・金浦)・釜山線、福岡~ソウル(仁川)・釜山線、沖縄~ソウル(仁川)線、名古屋~ソウル(仁川)線、札幌(新千歳)~ソウル(...

記事を読む

2017-06-16格安航空会社(LCC)
フィリピンのセブ島、マニラを拠点とするフィリピン最大のLCC(格安航空会社)セブパシフィック航空は、福岡・大阪・名古屋・成田発着便を対象に片道6,500円~のセールを開催しています。販売期間は2017年06月28日まで、搭乗期間は2017年07月15日~2017年10月31日まで。6月上旬にも、搭乗期間が7月1日~9月30日までのセールが開催されていましたが、その時の価格より安くなっています。対象路線と片道運賃は、福岡~マニラ線は最安...

記事を読む

2017-06-14格安航空会社(LCC)
エアアジアは、2017年6月18日までの期間限定で、「まだ間に合う夏旅セール」を開催してます。搭乗期間は、6月12日~2018年1月14日まで。大阪(関西)、札幌(新千歳)、東京(羽田)発着便が対象です。大阪(関西)発着便は、クアラルンプール線が11,900円~、ホノルル線が21,900円~。プレミアムフラットベッド(ビジネスクラス)の設定もあり、クアラルンプール線が44,900円、ホノルル線が89,900円~。札幌(新千歳)発着便はバ...

記事を読む

2017-06-11格安航空会社(LCC)
成田空港を拠点とするANA系列のLCC格安航空会社(格安航空会社)バニラエアは、2017年6月14日(水)23時30分までの期間限定で、わくわくバニラSALEを開催しています。対象路線は、国内線が東京(成田)~函館線・大阪(関西)~奄美線、国際線は、東京(成田)~香港線です。気になる運賃は、東京(成田)~函館線がは片道3,780円~。大阪(関西)~奄美線が最安値の片道3,780円~。東京(成田)~香港線は片道4,980円~とお得な設定で...

記事を読む

2017-06-05格安航空会社(LCC)
エアアジアは、本日6月5日午前1時から、四半期に一度のエアアジアBIGセールを開催しています。BIG会員になられている方は、先行予約が可能で、昨日4日午前1時から始まっています。対象となる路線とセール価格は、大阪(関西)~クアラルンプール・バンコク(ドンムアン)線が最安値の片道9,900円~。東京(成田)・バンコク(ドンムアン)線、札幌・東京(羽田)~クアラルンプール線は片道10,900円~、東京(成田)~デンパサール...

記事を読む

台北格安ツアーでお悩みの方、スクートは全使用機材が787ドリームライナーや、タイガーエアと合弁など格安なだけではないのです。

この夏休みの旅行で、JTBの格安ツアーに申し込みました。


私は、この情報を知る前だったので、シンガポールのLCC(格安航空会社)スクートを避けて、プラス17,000円を払い羽田空港発着の、チャイナエアラインかエバー空港のプランに申し込んでしまいました。

ところが、 スクートはシンガポール航空傘下で、世界初の全使用機材が787ドリームライナーだったのです。

日本の航空会社、ANAやJALも最新鋭の787ドリームライナーを運行しているのは一部路線のみ。

LCC(格安航空会社)スクートだと、古い機材の運航だと思って避けたのですが、これには驚き。

台北格安ツアーでお悩みの方、スクートは全使用機材が787ドリームライナーや、タイガーエアと合弁など格安なだけではないのです。 

しかも、シンガポール航空傘下のLCCスクートは、タイガーエアとの合併しを発表、合併後の新社名は「スクート・タイガーエア」となる見込みです。

合併後の運航機材は、スクートの787ドリームライナーだけではなく、タイガーエアのエアバスA320型機も。

両社はシンガポール航空傘下のLCCとのことで、日本で例えるなら、バニラエアとピーチみたいな感じですね。

今回の格安ツアーでのラス17,000円は、家族4人なので68,000円です。

このニュースを見て、格安ツアーなのですから、追加オプションを申し込まず、そのままスクートを利用し、最新鋭の787ドリームライナーに搭乗した方が良かったです。

68,000円の価格差は大きいです。

世界初!全使用機材が787ドリームライナー

春秋航空は、就航12周年セールを開催、国際線が片道999円~!

春秋航空は、就航12周年セールを開催、国際線が片道999円~!春秋航空は、就航12周年を記念して、国際線が片道999円~のセールを開催しています。
春秋航空は中国のLCC(格安航空会社)で、2004年5月26日に設立、今年で就航12周年を迎えました。

春秋航空日本は、この「春秋航空」などが出資し、2012年9月7日に設立。

ややこしい話ですが、航空法の外資規制があるため、春秋航空の出資は33%までにとどめられているので、春秋航空日本は日本の航空会社。

今回のキャンペーンは春秋航空のキャンペーンなので、国際線が対象です。

春秋航空は、就航12周年セールを開催、国際線が片道999円~!

セール期間は、2017年7月9日昼12:00~7月15日昼12:00まで。

設定路線と片道運賃は、大阪(関西)~上海・重慶・武漢・天津・西安・揚州線、名古屋~上海・寧波・合肥・銀川・常州・ハルビン・フフホト・石家荘線、佐賀・高松~上海線が片道999円~。

茨城・東京(羽田)~上海線は片道2,999円~。

東京(成田)~天津・ハルビン・重慶・武漢線、札幌~上海線は片道3,999円~。

燃油サーチャージや諸税、支払手数料は別途必要です。

春秋航空日本なら、国内線も格安です。

成田~大阪(関西)線が片道3,470円~です。

成田までの交通費を考えても、新幹線代と比べたら格安。

家族でUSJに行くなら、春秋航空日本がお得ですね。

出張なら新幹線ですが。

春秋航空就航記念セール 国際線片道999円~

香港エクスプレスは、片道480円~のメガ・セールを開催、日本~香港線が対象!

香港のLCC(格安航空会社)香港エクスプレスは、2017年7月7日(金)までの期間限定で、日本9路線からの香港線を対象に、「MEGA SALE」を開催しています。


対象路線の詳細は、石垣島、東京(羽田・成田)、関西、福岡、名古屋、広島、鹿児島、高松発着の香港線です。

気になる運賃は、いずれの路線も片道480円からと超格安。

香港エクスプレスは、片道480円~のメガ・セールを開催、日本~香港線が対象!

搭乗期間は2017年8月28日(月)~2018年6月30日(土)まで。

上記運賃は片道運賃で、別途税金の支払いが必要です。

販売座席数は6,500席で、販売数に達し次第セール終了です。

これらのセールは、販売座席数が少なく、行きたい日にちの便を購入することは不可能だと思います。

まずは航空券ありき、航空券が購入できから旅のプランを考える。

自由業の方や、定年リタイヤされた方向けですね。

サラリーマンには厳しいです。

Mega Sale HK Express

タイガーエア台湾は、日本~台北・高雄線で片道4,777円~のセールを開催!

タイガーエア台湾は、日本発着~台北・高雄行線で期間限定のセールを開催しています。


セール期間は、2017年7月6日(木)23時59分まで、対象搭乗期間は、2017年8月20日(日)~10月28日(土)までです。

タイガーエア台湾は、日本~台北・高雄線で片道4,777円~のセールを開催!

気になる運賃は、最安値片道4,777円なのは那覇発着~台北、高雄線。

成田・羽田・関西・福岡、名古屋・岡山発着~台北線が5,277円。

仙台~台北線が5,577円。

函館~台北線が6,177円。

JTBの格安台北ツアーで利用されているLCC(格安航空会社)はスクートでした。

スクートはLCC(格安航空会社)なので、人気なのではと思われるかもしてませんは、スクート利用の格安台北ツアーは、今でも空席ありとなっています。

帰りの便の桃園国際空港出発時間が朝6:30なので。

しかも、チャイナエアラインなどと比べてもお得な感じはしません。

LCC(格安航空会社)を利用して、海外に行くのなら、ツアーではなく航空券を格安で購入できるキャンペーンを利用する方がお得ですね。

タイガーエア台湾

航空券が格安で購入できるSurprice!(サプライス)と格安ツアー、どちらがお得?

航空券が格安で購入できると評判の、Surprice!(サプライス)に台北往復が驚きの価格、東京発着15,800円~とでていたので詳細を調べてみました。


今年の夏休み、8月15日出発~8月18日帰国便の価格です。

最安値だったのは、ジェットスター ジャパンで、1名34,900円なのですが、(行き夜~帰早朝)とんでもない時間の便でした。

航空券が格安で購入できるSurprice!(サプライス)と格安ツアー、どちらがお得?

東京(成田)21:20出発~台北(桃園)23:55到着、帰りの便も台北(桃園)01:40出発~03時間30分(成田)到着

逆に、格安ツアーにはない便なので、これのほうがお得と感じる方もいるかと思いますが。

スクートの場合は1名往復38,260円、(行き午後~帰り早朝)で、JTBの格安ツアーと同じ便でした。

航空券が格安で購入できるSurprice!(サプライス)と格安ツアー、どちらがお得

6月29日23:59まで開催されていたスクートのセール、最安片道6,900円からで、8月15日出発~8月18日帰国便を調べると往復32,062円でした。

現在私が申し込んでいるのは、JTBの格安ツアーで、8月15日出発4日間のツアーです。

旅行カレンダーはC期間とお得な料金設定なのですが、空きがあるのは成田発着スクート便利用(行き午後~帰り早朝)。

プラス17,000円の羽田発着チャイナエのアラインかエバー航空便利用(行き午後~帰り午前)にも空席があり、こちらを予約しています。

ホテル(Bグレード)3泊で、63,800円。

一番人気だったのは羽田発着チャイナエ便利用(行き午前~帰り午後)で、早い時間に到着でき、帰りもゆっくり、それなのに羽田空港利用のプラス料金は7,000円、私の申し込んだプランより10,000円も安いのです。

ちなみに、上記スクートを利用してのホテル(Bグレード)3泊の料金は58,800円です。

航空券が38,260円なので、ホテル代は20,540円。

ホテルの予約を見ると、Bグレードのホテルでも1泊7,000円以上するのでこうして比べてみると、やはり格安ツアーがお得です。

さらに、6月11日までに申し込んでいれば、さらに価格も安かったのです。

海外旅行の場合は、お盆休みは関係なくカレンダーの連休を避ければ平日扱いなのを初めて知りました。

これで思うのは、安いから人気が集中するので、早めの予約が必要だということ。

5月中に予約していれば、今より1万円も安く、しかも行きは午前便で帰りも夜便と滞在時間の長いお得な便を選べたのですから。

格安航空券の予約はサプライスで!
 カテゴリ
 タグ

チェジュ航空は、日本~韓国線が最大98%OFFの「2017 SUPER SALE」を開催、片道500円~!

チェジュ航空は、日本~韓国線が最大98%OFF、片道500円~の「2017 SUPER SALE」を開催します。


この「2017 SUPER SALE」は、今年2回目の開催で、販売期間は2017年7月3日PM5:00から7月14日PM5:00までとなっています。

チェジュ航空は、日本~韓国線が最大98%OFFの「SUPER SALE」を開催、片道500円~!

対象路線は、東京(成田)~ソウル(仁川)・釜山線、

大阪(関西)~ソウル(仁川・金浦)・釜山線、

福岡~ソウル(仁川)・釜山線、

沖縄~ソウル(仁川)線、

名古屋~ソウル(仁川)線、

札幌(新千歳)~ソウル(仁川)線です。

いずれも片道500円~なのですが、この運賃が適用されるのは、モバイルアプリからの購入のみ。

SUPER SALE航空券は、チェジュ航空モバイルアプリ限定販売となっています。

出発期間は、2017年12月1日~2018年3月24日までです。

モバイルアプリからの購入のみなので、心配な気もしましたが、価格が片道500円~と超格安なので問題ないですね。

また、同時にクイズに答えて共有して、韓国航空券がもらえるキャンペーンも開催されています。

こちらのキャンペーンは2017年7月2日までで、韓国行き往復航空券が1名様、東方神起ラッピング模型飛行機が2名様にプレゼントされます。

2017年SUPER SALE 7月3日OPEN! JEJUAIR
 カテゴリ
 タグ

セブパシフィック航空は、日本~マニラ・セブ線が片道6,500円~のセールを開催!

フィリピンのセブ島、マニラを拠点とするフィリピン最大のLCC(格安航空会社)セブパシフィック航空は、福岡・大阪・名古屋・成田発着便を対象に片道6,500円~のセールを開催しています。


販売期間は2017年06月28日まで、搭乗期間は2017年07月15日~2017年10月31日まで。

6月上旬にも、搭乗期間が7月1日~9月30日までのセールが開催されていましたが、その時の価格より安くなっています。

セブパシフィック航空は、日本~マニラ・セブ線が片道6,500円~のセールを開催!


対象路線と片道運賃は、福岡~マニラ線は最安値の6,500円~、大阪(関西)・名古屋~マニラ線は11,500円~。

東京(成田)発着便はマニラのほかセブ線もあり片道運賃は12,500円~となっています。

上記運賃は、燃油サーチャージは必要にない諸税込みの総額です。

日本からの路線は東京(成田)~マニラ線のみが毎日就航(1日1便)で、それ以外は福岡~マニラ線が週3便、大阪(関西)~マニラ線が週5便、名古屋~マニラ線が週4便、東京(成田)~セブ線が週4便。

セブ・パシフィック航空の口コミ・評判を見てみると、シートピッチが狭く、機内サービスは一切なしと、典型的なLCC(格安航空会社)との評価。

そして、最大の評価は夏休みやゴールデンウィークなど、ツアーなどの価格が高騰する時期でも価格が安いこと。

価格のピークが日本とは異なるからとのことでした。

今回のセールも、夏休み期間が含まれているので、このセールはお得ですね。

フィリピンへのフライトを予約しよう!

エアアジアは、まだ間に合う夏旅セールを開催、ホノルル線も片道21,900円~!

エアアジアは、2017年6月18日までの期間限定で、「まだ間に合う夏旅セール」を開催してます。


搭乗期間は、6月12日~2018年1月14日まで。

大阪(関西)、札幌(新千歳)、東京(羽田)発着便が対象です。

エアアジアは、まだ間に合う夏旅セールを開催、ホノルル線も片道21,900円~!

大阪(関西)発着便は、クアラルンプール線が11,900円~、ホノルル線が21,900円~。

プレミアムフラットベッド(ビジネスクラス)の設定もあり、クアラルンプール線が44,900円、ホノルル線が89,900円~。

札幌(新千歳)発着便はバンコク -ドンムアン線が17,900円~、クアラルンプール線が15,900円~、ゴールドコースト線が30,900円~。

プレミアムフラットベッド(ビジネスクラス)は、バンコク -ドンムアン線が61,712円~、クアラルンプール線が52,900円~、ゴールドコースト線が98,230円~。

東京(羽田)発着便は、クアラルンプール線が15,900円~、シドニー線が27,900円~。

プレミアムフラットベッド(ビジネスクラス)は、クアラルンプール線が49,900円~、シドニー線が99,800円~。

いずれも片道運賃で、空港税が含まれた金額、燃油サーチャージは無料です。

その他、乗り継ぎ便の設定も多数あります。

ホノルル線が大阪(関西)に限られているのが残念。

東京(羽田か成田)からのホノルル線も就航して欲しいですね。

まだ間に合う夏旅セール

 カテゴリ
 タグ

バニラエアは、片道3,480円~わくわくバニラSALEを開催、成田~函館・香港線、関西~奄美線が対象!

成田空港を拠点とするANA系列のLCC格安航空会社(格安航空会社)バニラエアは、2017年6月14日(水)23時30分までの期間限定で、わくわくバニラSALEを開催しています。


対象路線は、国内線が東京(成田)~函館線・大阪(関西)~奄美線、国際線は、東京(成田)~香港線です。

バニラエアは、片道3,480円~わくわくバニラSALEを開催、成田~函館・香港線、関西~奄美線が対象!

気になる運賃は、東京(成田)~函館線がは片道3,780円~。

大阪(関西)~奄美線が最安値の片道3,780円~。

東京(成田)~香港線は片道4,980円~とお得な設定です。

対象搭乗期間は、いづれも9月1日(金)から10月28日(土)までです。

このわくわくバニラ運賃は、座席に限りがあり、一部設定のない日・便ががあるので、往復の予約が難しい場合もありますが、常時販売されている「コミコミ」や「シンプル」もお得な価格なので、これらととの組み合わせなら予約がとりやすくなります。

国際線は、燃油サーチャージが必要ないので、これも嬉しいですよね。

この夏休みは、香港か台北に行きたいと思っているので、この価格なら予約したいのですが、仕事の関係で予定が立たないのです。

この価格なので非常に残念です。

わくわくバニラ 東京(成田)=函館、香港・大阪(関西)=奄美大島 セール

 カテゴリ
 タグ

ホノルル線が15,900円~!エアアジアは四半期に一度のエアアジアBIGセールを開催!

エアアジアは、本日6月5日午前1時から、四半期に一度のエアアジアBIGセールを開催しています。


BIG会員になられている方は、先行予約が可能で、昨日4日午前1時から始まっています。

対象となる路線とセール価格は、大阪(関西)~クアラルンプール・バンコク(ドンムアン)線が最安値の片道9,900円~。

ホノルル線が15,900円~!エアアジアは四半期に一度のエアアジアBIGセールを開催!

東京(成田)・バンコク(ドンムアン)線、札幌・東京(羽田)~クアラルンプール線は片道10,900円~、東京(成田)~デンパサール線は片道11,900円~。

気になるホノルル線は、残念ながら大阪(関西)発着便のみで価格は片道15,900円~となっています。

エアアジアのビジネスクラス、プレミアムフラットベッドも片道69,900円と超お得です。

セール期間は6月12日0時59分まで、搭乗期間は2018年1月15日~8月28日まで。

このBIGセールでチケットを購入するための方法がエアアジアのページに出ていました。

前日から購入できるエアアジアBIGメンバーに登録すること。

エアアジアのFBアカウントをフォローすること。

エアアジアのモバイルアプリをインストールすること。

エアアジアBIGセールは、売り切れとなることが多いいので、上記条件を満たし早めの予約をという事ですね。

それにしても、LCC(格安航空会社)発のホノルル線就航なので、インパクト大ですね!

エアアジアBIGセール

Copyright © マイル☆スマイル! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます