これは、今月20日に起きた事件で、読売新聞が報じたニュースです。


中国ジェイアールバス(本社・広島市)が運航している高速バスの男性運転手(38)が、体調不良のため予定外のサービスエリア(SA)で仮眠を取ったのですが、そのまま熟睡してしまい、6時間半以上も眠り込んでしまったのです。

高速バスの運転手が熟睡で、乗客が8時間も閉じ込められる事件に!

バスは20日の午後8時30分にJR呉駅(広島県呉市)を出発し、21日午前7時頃にユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)に到着する予定。

そのバスには17人の乗客が乗っていました。

予定外の場所にバスが止まったままの状態になれば、すぐに異変にき気づくはずですが。夜行バスなので、乗客も眠っていたのでしょうね。

翌21日の午前5時30分頃に、異変に気付いた乗客が110番とバス会社に電話で通報。

代わりの運転手が到着したのが午前7時前にで、やっと運転再開となりました。

一部の乗客は福山駅から新幹線で大阪に向かったそうです。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、朝一番が勝負です。

開園と同時に人気アトラクションに走っていきます。

ですが到着する時間が大幅に遅れたでしょうから、人気アトラクションは数時間待ち状態でしょうね。

乗客が110番して救助を求めたが、17人が車内に約8時間、閉じ込められた状態になった。同社は「ご迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪している。

突然体調が悪くなっての仮眠はしょうがないことだと思いますが、会社に連絡をしないで寝込んでしまったのは問題ですね。

せめて会社に連絡をしていればと思います。

乗客の方たちは、楽しみにしていたユニバーサル・スタジオ・ジャパンが台無しで、残念だったと思います。

高速バス運転手が勝手に仮眠、客8時間閉じ込め : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)




●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>
 タグ