Peachのタグ記事一覧


タグ:Peach

Peachのタグが付いた記事一覧。マイルを貯めるための情報やキャンペーン、飛行機に関する面白ネタなどを紹介しています。

2017-08-21日系LCC(格安航空会社)情報
ピーチは、2017年8月20日に累積搭乗者数が2,000万人を突破したことを記念して、対象24路線の運賃が片道2,000円均一の「2,000万人OOKINIセール」を開催しています。セールは3日間限定で、2017年8月21日0:00~8月23日23:59まで。搭乗期間は、2017年9月1日~2018年2月28日までですが、 路線によって異なり、適用除外日もあります。対象路線は、国内線11路線、国際線13路線。国内線は、大阪(関西)~札幌(新千歳)・東京(成田)・福岡...

記事を読む

2017-08-18日系LCC(格安航空会社)情報
トライベック・ストラテジーは、「Webユーザビリティランキング<国内線LCC編 2017>」を発表しました。第1位に選ばれたのは、成田空港を拠点とするバニラエア。「A.アクセス性」以外のすべての評価軸で1位を獲得するなど、全体的に高い評価となっています。この調査は、国内主要企業150社のウェブサイトを対象とした「主要企業Webユーザビリティランキング」で2017年6月下旬から7月中旬にかけて実施されました。国内線LCCランキン...

記事を読む

2017-07-14日系LCC(格安航空会社)情報
ピーチ(Peach)は、国内線が片道1,990円~、国際線が片道2,990円~の「HAPPY!夏得SALE」を開催しています。セール期間は、2017年7月15日まで。ピーチ(Peach)は、大阪(関西)が拠点の航空会社なので、関東ならバニラ・エアと思われるかのしれませんが、国際線は東京(羽田)発着便も運航されています。HAPPY!夏得SALEの設定路線と運賃の詳細は、国内線は、大阪(関西)~松山線が最安値の1,990円~。大阪(関西)~宮崎線は2,...

記事を読む

2015-11-29日系LCC(格安航空会社)情報
Peach Aviation(ピーチ)は、航空業界における独立系シンクタンクであるCAPAから「2015年 アジア太平洋地域 LCCオブ・ザ・イヤー」受賞した事を発表しました。これは、日本を含む北東アジアの LCC(ローコスト航空会社)としては初の事です。日本のLCC史上で唯一の勝ち組、ライバル企業との差別化や年連続での黒字などでLCCのモデルが日本市場でも成功できることが証明されたことなどが選定された理由です。...

記事を読む

ピーチは、対象24路線の運賃が片道2,000円均一の「2,000万人OOKINIセール」を開催!

ピーチは、2017年8月20日に累積搭乗者数が2,000万人を突破したことを記念して、対象24路線の運賃が片道2,000円均一の「2,000万人OOKINIセール」を開催しています。


セールは3日間限定で、2017年8月21日0:00~8月23日23:59まで。

搭乗期間は、2017年9月1日~2018年2月28日までですが、 路線によって異なり、適用除外日もあります。

ピーチは、対象24路線の運賃が片道2,000円均一の「2,000万人OOKINIセール」を開催!

対象路線は、国内線11路線、国際線13路線。

国内線は、大阪(関西)~札幌(新千歳)・東京(成田)・福岡・松山・長崎・宮崎・鹿児島・沖縄(那覇)・石垣線、

福岡~沖縄(那覇)線、仙台~札幌(新千歳)線。

国際線は、大阪(関西)~ソウル(仁川)・釜山・香港・台北(桃園)・高雄・上海(浦東)線、

沖縄(那覇)~ソウル(仁川)・香港・台北(桃園)・バンコク(スワンナプーム)線、

東京(羽田)~ソウル(仁川)・台北(桃園)・上海(浦東)線。

運賃はシンプルピーチプロモ片道運賃(税込)で、燃油サーチャージは不要、支払手数料や空港使用料等は別途必要です。

2路線から始まったピーチですが、来月末にも新たに4路線に就航、国内線14路線、国際線15路線になります。

航空券が片道2,000円で購入できるのですから、今後も快進撃が続くでしょうね。

2,000万人OOKINIセール Peach Aviation




●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>

この夏の旅行で利用したい国内線LCCランキングは意外な結果、Peachが最下位に!

トライベック・ストラテジーは、「Webユーザビリティランキング<国内線LCC編 2017>」を発表しました。


第1位に選ばれたのは、成田空港を拠点とするバニラエア。

この夏の旅行で利用したい国内線LCCランキングは意外な結果、Peachが最下位に!

「A.アクセス性」以外のすべての評価軸で1位を獲得するなど、全体的に高い評価となっています。

この調査は、国内主要企業150社のウェブサイトを対象とした「主要企業Webユーザビリティランキング」で2017年6月下旬から7月中旬にかけて実施されました。

国内線LCCランキングなので、対象となるのは国内線を運航する格安航空会社(LCC)「ジェットスター」「Peach」「バニラエア」「春秋航空」の4社で、公式サイトを対象に使い勝手や安全性などの評価です。

バニラエア同様にPeachも高評価かと思ったら、なんとPeachは4社の中で最下位です。

ジェットスターが第2位で、「ナビゲーションの使いやすさ」を除くすべての評価軸で2位を獲得。

春秋航空が第3位、最下位4位のピーチは「ナビゲーションの使いやすさ」で評価が著しく低くなっていました。

この、国内線LCCの4社が獲得したスコアを「Webユーザビリティランキング2016<企業サイト編>」の150社ランキングにあてはめると、バニラエアが55位に相当、ジェットスターが135位、春秋航空が147位、ピーチが149位です。

これと比べ、JALは35位、ANAは37位ですから、格安航空会社(LCC)は全体的に低評価という結果。

国内大手航空会社と比べてしまうと、差は大きいですね。

この夏の旅行シーズンに利用したい! 国内線LCC(格安航空会社)のWebサイト使い勝手1位はバニラエア





●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>

ピーチは、国内線が片道1,990円~、国際線が片道2,990円~の「HAPPY!夏得SALE」を開催!

ピーチ(Peach)は、国内線が片道1,990円~、国際線が片道2,990円~の「HAPPY!夏得SALE」を開催しています。


セール期間は、2017年7月15日まで。

ピーチは、国内線が片道1,990円~、国際線が片道2,990円~の「HAPPY!夏得SALE」を開催!

ピーチ(Peach)は、大阪(関西)が拠点の航空会社なので、関東ならバニラ・エアと思われるかのしれませんが、国際線は東京(羽田)発着便も運航されています。

HAPPY!夏得SALEの設定路線と運賃の詳細は、国内線は、大阪(関西)~松山線が最安値の1,990円~。

大阪(関西)~宮崎線は2,290円~、大阪(関西)~福岡・長崎・鹿児島線は2,490円~。

福岡~沖縄線、仙台~札幌線も2,490円~。

今回のセールでおすすめとなっているのは、東京(成田)~大阪(関西)線で、運賃は2,790円~!

新幹線代と比べると、格安ですね。

大阪(関西)~札幌・仙台線は2,990円~、大阪(関西)~沖縄線は3,490円。

東京(成田)~福岡線4,390円~、大阪(関西)~石垣線4,590円~。

国際線のお勧めは、人気の上海線です。

大阪(関西)~上海(浦東)線が3,590円!
東京(羽田)~上海(浦東)線が4,590円

大阪(関西)~釜山線は2,990円~、沖縄~ソウル(仁川)・香港線は3,490円~、大阪(関西)~ソウル(仁川)線は3,990円~、ソウル(仁川)~台北(桃園)線は4,290円~。

東京(羽田)~ソウル(仁川)線は4,290円~、仙台~台北(桃園)は4,390円~。

大阪(関西)~高雄線、沖縄~バンコク(スワンナプーム)線は4,990円~。

いずれも片道運賃で、燃油サーチャージは無料、支払手数料、空港使用料が別途必要です。

搭乗期間は7月18日から12月21日までですが、路線によって異なります。

海外格安ツアーでも、ピーチ(Peach)を利用したツアーがあるますが、運行時間が深夜早朝便。

ツアーでのピーチ(Peach)利用なら、この様なセールで航空券を購入して、ホテルは別途確保のほうがお得です。

PeachよりHAPPY!夏得SALEをお届けします♪




●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>

さすがピーチ、2015年アジア太平洋地域 LCC オブ・ザ・イヤーを受賞!

Peach Aviation(ピーチ)は、航空業界における独立系シンクタンクであるCAPAから「2015年 アジア太平洋地域 LCCオブ・ザ・イヤー」受賞した事を発表しました。

ピーチは、2015年アジア太平洋地域 LCC オブ・ザ・イヤーを受賞!

これは、日本を含む北東アジアの LCC(ローコスト航空会社)としては初の事です。

日本のLCC史上で唯一の勝ち組、ライバル企業との差別化や年連続での黒字などでLCCのモデルが日本市場でも成功できることが証明されたことなどが選定された理由です。

» 記事の続きを読む




●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>
Copyright © マイル☆スマイル! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます