JTBの個人情報流出問題なのですが、とんでも無い事実が発覚したようです。


JTBの個人情報が流出した原因は、JTBの社員へのサイバー攻撃による感染が原因。

その内容がびっくりで、原因となったウイルスが添付されたメールの送信元のアドレスがANAだったのです。

ANAからのメールは要注意!JTBの個人情報流出問題は、ANAからのメールが原因!

JTBの社員なので、業務でやり取りがある航空会社のANAから送られて来たメールなので、何の疑いもなく開いてしまいウイルスに感染し個人情報が流出してしまったのです。

そのメールは、もちろんANAが送ったメールではなく、ANAを装ったメールだったのです。

JTBの発表では、ウイルスが添付されたメールは発信元のアドレスはanaを装っており、タイトルも「航空券控え添付のご連絡」との内容。

少なくとも2種類のウイルスの感染が確認されいずれもパソコンを遠隔操作するタイプだということです。

JTBのでは、不用意に添付ファイルを開かないよう指導されていましたが、ANAからのメールなら問題無いだろうと、添付ファイルを開いてしまったようです。

今回はJTBがターゲットでしたが、当然ながら個人攻撃も可能。

ANAからのメールで、搭乗券の確認とか、マイルが当たりましたとか、そんなメールが来たら開いてしまいますよね。

この事件を参考に、今後はメールに添付されているファイルは、うかつに開か無いよう注意が必要ですね。

JTB個人情報流出 ウイルス添付のメールは全日空からを装う




●ランキングに参加しています。お恵みのクリックを!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 人気ブログランキングへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


記事一覧
>
 カテゴリ
 タグ
ANA JTB