国土交通省は、航空機テロ対策として、今月15日から関西空港・成田空港・羽田空港で「ボディースキャナー」の試験運用を始めます。

「ボディースキャナー」は、搭乗客の服を電波で透視し、金属探知機では見つけられない爆発物や凶器などの危険物の持ち込みを防ぐのが目的。

先進的なボディスキャナー

東京五輪・パラリンピックがある2020年までには、関西空港・成田空港・羽田空港の他、国際線がある全国の空港に導入予定なのです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ