コンビニと言えば、セブン―イレブン、ローソン、ファミリーマートの3強時代で、それに続くのがサークルKサンクスです。

サークルKサンクスは、2004年にサークルKの運営会社とサンクスの運営会社などが合併して誕生しました。

コンビニ再編!サークルKサンクスが売りに?セブン―イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマート等競合企業と交渉中!

現在の親会社は、ユニーグループ・ホールディングスなのですが、セブン―イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートの3強に対し、店舗数で劣るサークルKサンクスは苦戦中です。

そこで売却を検討しているそうなのですが、交渉先は競合する複数の企業との事です。

サークルKサンクスの売却額は1000億円規模との事。

現在の上位3社のうちのどこかが、サークルKサンクスを吸収すれば、コンビニ業界のナンバーワンになりますよね。

ですが私的には、コンビニはミニストップと他社と比べて弱いイオンあたりが買収するのではと思いますが。

サークルKサンクスの売却は、コンビニ再編だけではなく、ポイントの再編にもなりますよね。

セブン-イレブンはnanaco、ローソンはPonta、ファミリーマートはTポイント。

サークルKサンクスは、KARUWAZA CLUBだったのですが、今年4月に楽天ポイントに統合されています。

もしかしたら売却先は楽天?

なんて事もありそうですね。