JALと、大手家電量販店のビックカメラは、8月8日に家電リサイクル工場見学と、空から見た地球環境の変化をJAL機長と学ぶ「ビックカメラ・エコツアー」を開催します。

JALはビックカメラと共同で、家電リサイクル工場見学と機長のエコ教室を開催!

このツアーは、お子様の夏休みの自由研究と、節電学習にぴったりなイベントです。

ビックカメラは、グループ企業の家電リサイクル工場で、テレビやエアコンの解体現場の見学。

JALは、高度1万メートルから見た地球環境の変化をJALの機長と学ぶ「そらエコ教室」を開催。

対象は小学校3年生から中学生までですが、小学3年生以下のお子様も参加可能です。

参加費は無料で昼食付き。

集合場所は東京モノレールの流通センター駅で、交通費は自己負担です。

申し込みは7月24日午後6時までに、ビックカメラのウェブサイトからの応募。

家は娘が中学生なのですが、この内容なら参加しく応募しました。

子供にリサイクルなどエコのことに感心を持ってもらうことは重要ですね。

うちは電気代、水道代などは平均家庭の倍の金額、娘のムダがあまりに多いので。

ビックカメラ エコツアー