エイビーロードは、「エアライン満足度調査2015」の結果を発表しました。

2014年に海外渡航をした方を対象にした、エイビーロード・リサーチ・センターの満足度調査で、国際線エアラインが対象です。

気になる第1位は、残念ながらANA・JALではなくシンガポール航空で4.20ポイント、4年連続の第1位です。

僅差でJALは2位に!エイビーロードが、エアライン満足度調査2015を発表! 

航空業界の調査・格付けを行なう英国SKYTRAX社は2015年の「THE WORLD'S BEST AIRLINES(ベスト・エアライン)」でも、シンガポール航空は第2位と高評価でした。 

このエイビーロードのエアライン満足度調査2015は、2014年に海外に渡航された18歳以上の6,502人を対象に、調査対象40社の利用者100人によるアンケートをです。

昨年との違いは、2位だったANAが4.09ポイントで3位に後退。

JALが4.18ポイントで2位と健闘、第1位のシンガポール航空とは0.02ポイント差でした。

ニュージーランド航空は初めて調査対象となった同8位から4位に、チャイナエアラインは同30位から20位に上昇した。中東各社はほぼ動きはなかった。20位圏内には、ピーチと香港エクスプレ

部門別でも、飛行機の機材や設備で昨年1位のANAが2位に後退、客室乗務員の接客サービスはJAL、空港内の航空会社職員の接客はANAが1位、機内飲食サービスはANA・JALとも大きく順位を下げています。

ANAとJALで、トップ争いをしてほしいですね。