エアバスのタグ記事一覧


タグ:エアバス

エアバスのタグが付いた記事一覧。マイルを貯めるための情報やキャンペーン、飛行機に関する面白ネタなどを紹介しています。

2017-03-21気になるニュース!
イタルデザインと航空機大手の仏エアバス社は、空飛ぶEV「Pop.Up」を共同開発、ジュネーブモーターショー2017で発表しました。空飛ぶEV「Pop.Up」は、モジュラー式の電動式ゼロエミッションカーです。乗員が搭乗するのは「カプセル」と呼ばれるキャビン部分で、サイズは全長2.6m、全幅1.5m、全高1.4mと非常にコンパクト。この「カプセル」が「グランドモジュール」とドッキングして地上を走り、「カプセル」上部に「エアモジュール...

記事を読む

2016-04-01海外情報
エアバスは、新たな客室ブランド「Airspace by Airbus」を発表しました。この新しい客室ブランド「Airspace by Airbus」は、快適性、環境、サービス、デザインが柱で、より寛げる洗練された機能的な最新設計で、客に快適な客室環境を創り出すとともに、航空会社による機能的な運用を実現させます。動画で確認すると、最新LED技術の影響か、未来の飛行機の様ですね。頭上の手荷物棚スペースがより広くなり、化粧室もスタイリッシュ...

記事を読む

2016-01-20気になるニュース!
もし、フライト中に窓から見える飛行機の翼が大きくたわんで曲がっていたら、そんな光景を目にしたら恐怖ですよね。ですが、安心してください。エアバスではこのような実験を行っているのです。ここまで曲がっても、折れることはないのです。...

記事を読む

2016-01-17ANA
ANAはA380を超お得に購入!エアバスが航空機の値上げを発表でA380は4億3260万ドルに!エアバスが、航空機リスト価格を改定したと発表しました。昨年よりも平均1.1%の値上げで、この価格は2016年1月1日から全てのエアバス航空機に適用されます。価格改定対象は貨物機を含むエアバス全16機種で、全機種の価格が引き上げられます。これで注目は、ANAが発注したA380。ANAが発注した総2階建てA380は、460万ドルの値上げで4億3,260万ド...

記事を読む

2016-01-14ANA
エアバスは、3機のエアバスA380型機を12月16日に受注したことを発表しました。朝日新聞の取材によると、注元は「顧客が望んでいない」との事で明らかにしませんでしたが、「日本の大手航空会社がいつかA380を購入することを期待している。(長距離の国際線が乗り入れる)成田、羽田(の両国際空港)からであれば(A380の運航は)商業的に大成功するだろう」とのコメント。これだけでも、ANAホールディングスからの受注とわかります...

記事を読む

2015-12-07気になるニュース!
エアバスが2013年に提出していた特許が、先日承認されたとのニュースです。このエアバスの新しい特許は、飛行機を乗客と荷物が乗る部分と、メインである飛行する部分に分離する特許。トラックや貨物列車が、車部分とコンテナ部分に分離するのと同じ考え。これが実現すれば、飛行機の折り返し時間を大幅に短縮できます。...

記事を読む

2015-10-27気になるニュース!
飛行機のエンジン部分のカバーが外れるという事はあってはならない事。それに気が付かづ離陸してしまったパイロットも問題ですね。事故があったのはエアバスA330で、ケルンからパルマまでのフライト。169人の乗客と13人の乗組員を乗せたいました。...

記事を読む

2015-09-23気になるニュース!
エアバスの大型機といえば、ANAも導入予定の総2階建旅客機のA380が思い浮かびます。今回発表されたのは、旅客機ではなく大型輸送機で、現行の大型輸送機A300-600ST「ベルーガ」の後継機、「ベルーガXL」です。A330-200F貨物機がベースです。...

記事を読む

2015-07-12日系LCC(格安航空会社)情報
LCC(ローコストキャリア)のピーチ・アビエーションは、エアバスが提供するiPad用のエレクトロニック・フライト・バッグ アプリ、「FlySmart with Airbus」の導入を発表しました。この「FlySmart with Airbus」は、iPadなどのタブレッで、パイロットが使用する運航マニュアルなどが閲覧できるほか、離着陸時の機体性能を算出できる計算ソフトが組み込まれています。2012年07月に、エアバスが発表したもので、国内の航空会社が導入...

記事を読む

2015-06-05ユナイテッド航空
スカイマークは、エアバスA380型機を6機も発注していました。その内の2機はすでにほぼ完成状態。エアバスA380は1機当たり、カタログ価格で4億1400万ドル、1ドル125円で計算すると、517億5000万円です。当時の記事では1機350億円とか書かれていた記憶が有り、1ドル80円台の頃でしょうね。これをキャンセルしたので事前にエアバス社にスカイマークが支払った265億円は返還されず、約700億円の違約金をエアバス社から請求されています...

記事を読む

イタルデザインと航空機大手のエアバス社は、空飛ぶドローンEV「Pop.Up」を発表!

イタルデザインと航空機大手の仏エアバス社は、空飛ぶEV「Pop.Up」を共同開発、ジュネーブモーターショー2017で発表しました。


空飛ぶEV「Pop.Up」は、モジュラー式の電動式ゼロエミッションカーです。

イタルデザインと航空機大手のエアバス社は、空飛ぶドローンEVを発表!

乗員が搭乗するのは「カプセル」と呼ばれるキャビン部分で、サイズは全長2.6m、全幅1.5m、全高1.4mと非常にコンパクト。

この「カプセル」が「グランドモジュール」とドッキングして地上を走り、「カプセル」上部に「エアモジュール」がドッキングすると空飛ぶドローンEVになる仕組み。

各モジュールはシェアリング・サービス提供会社の元で一元管理されるそうです。

一元管理されるので、地上を走行中に混雑している場合は、「エアモジュール」を呼び出し垂直離発着が可能なドローン型VTOL機に変身し、空路を使っての移動が可能に。

残された「グランドモジュール」は、自動で管理場所に戻る仕組みです。

これは、全く新しい「カーシェアリング」で、「自動運転」にも対応。

この「陸」「空」を使ったシェアリングサービスは、自動操縦を前提にエアバス社の技術力を活かし開発中。

使い将来の実現を目指しているとの事。

これが実現すれば、凄い事になりますね。

車の常識が変わってしまいそうです。

【ジュネーブモーターショー2017】EVにもドローンにも…イタルデザインとエアバスが共同開発

エアバスは、新たな客室ブランド「Airspace by Airbus」を発表、その動画が公開されています! 

エアバスは、新たな客室ブランド「Airspace by Airbus」を発表しました。

この新しい客室ブランド「Airspace by Airbus」は、快適性、環境、サービス、デザインが柱で、より寛げる洗練された機能的な最新設計で、客に快適な客室環境を創り出すとともに、航空会社による機能的な運用を実現させます。

エアバスは、新たな客室ブランド「Airspace by Airbus」を発表、その動画が公開されています!

動画で確認すると、最新LED技術の影響か、未来の飛行機の様ですね。


頭上の手荷物棚スペースがより広くなり、化粧室もスタイリッシュでゆとりの空間になっています。



化粧室がこれなら嬉しいですよね〜。 

通路や座席幅も広くなり、足元も障害物がないゆとりあるスペースが確保されます。

最新LED技術が採用された照明や、クリーンで滑らかなラインの壁面。

これら全てのデザインにより、感覚的なゆとりだけでなく、物理的に広々とした機内空間が提供されます。

この客室ブランド「Airspace by Airbus」は、A350 XWBに搭載した客室をベースに開発されたもので、A330neoに搭載される計画とのこと。

この客室なら、A330neo魅力的ですね。

Airbus launches new Cabin Brand “Airspace by Airbus”


 カテゴリ
 タグ

安心してください、飛行機の翼はここまで曲がっても大丈夫 という映像をエアバスが公開!

もし、フライト中に窓から見える飛行機の翼が大きくたわんで曲がっていたら、そんな光景を目にしたら恐怖ですよね。

ですが、安心してください。

エアバスではこのような実験を行っているのです。

安心してください、飛行機の翼はここまで曲がっても大丈夫 という映像をエアバスが公開!

ここまで曲がっても、折れることはないのです。

» 記事の続きを読む

 タグ

エアバスが航空機の値上げを発表!ですが ANAが発注したA380は円高で超お得になる可能性も!

  •  投稿日:2016-01-17
  •  カテゴリ:ANA
ANAはA380を超お得に購入!エアバスが航空機の値上げを発表でA380は4億3260万ドルに!

エアバスが、航空機リスト価格を改定したと発表しました。

昨年よりも平均1.1%の値上げで、この価格は2016年1月1日から全てのエアバス航空機に適用されます。

価格改定対象は貨物機を含むエアバス全16機種で、全機種の価格が引き上げられます。

これで注目は、ANAが発注したA380。

ANA-A380.jpg

ANAが発注した総2階建てA380は、460万ドルの値上げで4億3,260万ドルになっています。

航空機の場合の詳細は分かりませんが、車などをでも価格は注文時の価格で、納車待ちの場合は値上げされても影響はありません。

ANAの発注したA380は、密約での発注なので、さらなる安値でスカイマークが発注した時の価格との噂も。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

エアバスは、12月16日にA380型機を3機受注と発表!ANAの申し入れで発注者は未公表に!

  •  投稿日:2016-01-14
  •  カテゴリ:ANA
エアバスは、3機のエアバスA380型機を12月16日に受注したことを発表しました。

朝日新聞の取材によると、注元は「顧客が望んでいない」との事で明らかにしませんでしたが、「日本の大手航空会社がいつかA380を購入することを期待している。(長距離の国際線が乗り入れる)成田、羽田(の両国際空港)からであれば(A380の運航は)商業的に大成功するだろう」とのコメント。

これだけでも、ANAホールディングスからの受注とわかりますよね。

ANAは、総2階建てエアバスA380導入が遂に決定!2018年に3機、スカイマーク発注分です!

エアバスA380型機は、2回階建て構造で500席以上を持つ世界最大の旅客機。

中東の航空会社などが多くの乗客を運ぶ長距離路線で運航していますがアメリカや日本には導入されていません。

燃料費の問題から中小型機が主流になり足元の受注は伸び悩んでいました。

今回のANAの発注は、スカイマークの債権者集会での密約からです。

» 記事の続きを読む

エアバスの旅客機分離の特許が承認に!これが実現すれば凄いことになります。

エアバスが2013年に提出していた特許が、先日承認されたとのニュースです。

このエアバスの新しい特許は、飛行機を乗客と荷物が乗る部分と、メインである飛行する部分に分離する特許。

エアバスの旅客機分離の特許が承認に!これが実現すれば凄いことになります。

トラックや貨物列車が、車部分とコンテナ部分に分離するのと同じ考え。

これが実現すれば、飛行機の折り返し時間を大幅に短縮できます。

» 記事の続きを読む

離陸中に飛行機のエンジン部分のカバーが外れ、そのまま飛行を続けたエアバスA330が話題に!

飛行機のエンジン部分のカバーが外れるという事はあってはならない事。

それに気が付かづ離陸してしまったパイロットも問題ですね。

離陸中に飛行機のエンジン部分のカバーが外れ、そのまま飛行を続けたエアバスA330が話題に!

事故があったのはエアバスA330で、ケルンからパルマまでのフライト。

169人の乗客と13人の乗組員を乗せたいました。

» 記事の続きを読む

 タグ

エアバスは、次世代大型機を発表!2019年に就航予定!

エアバスの大型機といえば、ANAも導入予定の総2階建旅客機のA380が思い浮かびます。

今回発表されたのは、旅客機ではなく大型輸送機で、現行の大型輸送機A300-600ST「ベルーガ」の後継機、「ベルーガXL」です。

エアバスは、次世代大型機を発表!2019年に就航予定!

A330-200F貨物機がベースです。

» 記事の続きを読む

ピーチは、エアバスのiPadアプリを導入!「FlySmart with Airbus」です。

LCC(ローコストキャリア)のピーチ・アビエーションは、エアバスが提供するiPad用のエレクトロニック・フライト・バッグ アプリ、「FlySmart with Airbus」の導入を発表しました。

ピーチは、エアバスのiPadアプリを導入!「FlySmart with Airbus」です。

この「FlySmart with Airbus」は、iPadなどのタブレッで、パイロットが使用する運航マニュアルなどが閲覧できるほか、離着陸時の機体性能を算出できる計算ソフトが組み込まれています。

2012年07月に、エアバスが発表したもので、国内の航空会社が導入するのは初めての事。

ピーチはエアバスの全面バックアップを受けながら、EFBを導入し、高品質なオペレーションの実現を目指します。

また、ピーチはソフトバンクモバイルの協力で、iPadを導入してシステムを運用する予定です。

航空会社なのでどこも慎重ですね。

2012年07月に発表されたのもが、3年後の2015年に初めて導入なのですから。

コックピットに搭載されている膨大な量の、紙マニュアルを電子化することで、機体への負荷も軽減、燃費向上にも寄与するとのこと。

アップルがiPadを発表した時は、性能的にもこんなもの普及するの?と疑問に思ったのですが。

私はウインドウズのデスクトップを使っています。

以前はマックでしたが、高性能を求め秋葉ショップのBTOモデルです。

うちのママさんも、VAIOのノートブックがあるのですが、今は全く使っていなくiPad。

用途を絞ればiPadで十分なのです。

今回のエアバスのiPadアプリをみても、アップルは先見の目があったのだとつくづく思いました。

エアバス社のEFBアプリ「FlySmart with Airbus」を導入
~より安全で高品質なオペレーションの実現を目指します~


ユナイテッド航空は、エアバスA380型機2機を導入! スカイマークが発注していたエアバスA380型機です!

スカイマークは、エアバスA380型機を6機も発注していました。

その内の2機はすでにほぼ完成状態。

エアバスA380は1機当たり、カタログ価格で4億1400万ドル、1ドル125円で計算すると、517億5000万円です。

当時の記事では1機350億円とか書かれていた記憶が有り、1ドル80円台の頃でしょうね。

ユナイテッド航空は、エアバスA380型機2機を導入! スカイマークが発注していたエアバスA380型機です!

これをキャンセルしたので事前にエアバス社にスカイマークが支払った265億円は返還されず、約700億円の違約金をエアバス社から請求されています。

完成状態の2機が思う様に売れなかったなのですが、ユナイテッド航空がこの2機の購入を検討しています。

» 記事の続きを読む

Copyright © マイル☆スマイル! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます