JALは、必要マイルが通常の半分以下、6,000マイルで羽田空港から日本全国の「どこか」の空港に行けるサービスでを発表しました。


これは日本の航空会社として初めてのサービスです。

JALは、往復6,000マイルでどこかに行ける「どこかにマイル」を発表!

6,000マイルで国内の”どこか”に行ける「どこかにマイル」は、2016年12月12日(月)午前11:00から予約がスタートします。

どこかに行けるでは、困ったものだと詳細を見たら、4つの行先候補が表示され、行先候補がOKであれば旅行者情報を入力となる仕組み。

再検索すると候補地が変わり、それなりに候補地を4つまでは選べる感じです。

4つの行先の中からどこに行けるのかが分かるのは申し込みから3日以内に決定した行き先のお知らせがきます。

例を見ると、山形・石垣島・札幌・高知。

この4つならどこでもOKと思えるまで再検索すれば、なんとなく行きたい所に行けそうですね。

往復6,000マイルなのですから、LCCの片道3,000円と同レベル。

これは嬉しいサービスですね。

日本航空と野村総合研究所 共同開発 日本初、6,000マイルで4つの行き先候補のどこかにいける日本国内線特典航空券「どこかにマイル」登場
 カテゴリ